PR

【LDK殿堂入り】歴代おすすめプチプラクレンジングを紹介!【2024年最新】

TV・雑誌情報
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

プチプラで評判の良いクレンジングを知りたい…

プチプラのクレンジングでも買う時は失敗したくないものです。

プチプラ好きコスメコンシェルジュのあさひ(@a3hidry)が

コスメを購入する時に参考にしているのが雑誌LDKとコスメに特化した雑誌LDKビューティー

愛読書4年目の私が雑誌LDKで高評価だったクレンジングを紹介します。

とにかく洗浄力が高い方が高評価されるので、

リキッドファンデ等を使う

しっかりメイクを落としたい人向けのクレンジングが上位にくる傾向があります。

あさひ
あさひ

薄メイクさん向けではないので

ご注意下さい。

数々のテスト検証を見てベストクレンジングを選ぶとするなら

コスメコンシェルジュである私の主観も入っていますので

クレンジング選びの参考になれば嬉しいです。

気になるところまで読み飛ばす
LDK殿堂入りクレンジング
LDK殿堂入りクレンジングを見る
  1. LDK殿堂入りクレンジング
    1. ミノン アミノモイストミルキィクレンジング
  2. クレンジング検証のテスト項目
    1. 洗浄力テスト
    2. 保湿力テスト
    3. 成分テスト
  3. LDKおすすめプチプラクレンジング【2024年最新】
    1. 毛穴レス本気ジャッジ100
      1. ONE STONE TWO BIRDS オイルクレンジングバーム ブラック
      2. &be クレンジングオイル
    2. クレンジングABC判定57
      1. ONE STONE TWO BIRDS スキンケアオイルクレンジング
      2. アテニア スキンクリアクレンズオイル
      3. クリアプロ クレンジングバーム
      4. ワコーフメイド 酒粕クレンジングバーム
      5. シュシュモア とろけるクレンジングオイルジェル
    3. 毛穴悩みにおすすめクレンジング
      1. ドットバスター クレンジングジェル
      2. ONE STONE TWO BIRDS スキンケアオイルクレンジングVC
  4. 過去のベストバイ!プチプラクレンジングも紹介
    1. 2023年 ベストバイ!プチプラクレンジング
      1. ビオレ Theクレンズオイルメイク落とし
      2. モッチスキン 吸着クレンジングBK
      3. ビーカーズ ホットクレンジングジェル
      4. クレメ クレンジングクリーム
      5. CLAYGE クレンジングオイル
      6. ロゼット 夢みるバーム ガスールブライトモイスチャー
      7. アンレーベルラボ Vクレンジングバーム
      8. オルビス クリアフルディープクレンジングリキッド
    2. 2022年 ベストバイ!プチプラクレンジング
      1. カルテHD モイスチュアクレンジングオイルジェル
      2. ファンケル マイルドクレンジングオイル
    3. 2021年 ベストバイ!プチプラクレンジング
      1. matsukiyo クレンジングバーム
      2. ラメランス クレンジングジェル
      3. ロゼット 夢みるバーム 海泥スムースモイスチャー
    4. 2020年 ベストバイ!プチプラクレンジング
      1. ink. クレンジングバーム
    5. 2019年 ベストバイ!プチプラクレンジング
      1. ソフティモ ラチェスカ ミルククレンジング
  5. LDKベストバイ!おすすめプチプラクレンジングのまとめ
スポンサーリンク
この記事を書いた人
あさひ

たまご肌を目指す40代コスメコンシェルジュ。
日本化粧品検定特級取得。
インナードライ肌でニキビ・シミになりやすい肌質。

詳しいプロフィール

あさひをフォローする

LDK殿堂入りクレンジング

私が調べた限り殿堂入りのクレンジングはたった1本。(違っていたらすいません)

新しい商品がどんどん出てくるためか同じ商品を再びテスト検証するのはまれ。

その為か殿堂入りしにくいのと思われます。

ミノン アミノモイストミルキィクレンジング

過去何度もベストバイに選ばれていており、2019年に殿堂入りしました。

他の美容雑誌でも多数取り上げられる超優秀クレンジングです。

ミノンアミノモイスト
¥1,300 (2022/01/11 10:56時点 | Amazon調べ)

2022年にリニューアルしてもA評価をとる優秀さ。

クリーム系なのにも関わらずかなり洗浄力が高く濃い目のメイクもするっと落とします。

肌にも優しく保湿力もあるので乾燥を感じさせません。

弱酸性でアルコール無添加なので敏感肌でも使いやすい一品。

リニューアル後はよりすすぎやすくなりました。

出し口が細く量を調節しやすいのもポイント。

スポンサーリンク

クレンジング検証のテスト項目

雑誌LDKでクレンジングをテスト検証する際は次の内容のテスト項目があります。

テスト項目
  • 洗浄力・・・ファンデをつけた人工皮革につけて落ち具合で評価
  • 保湿力・・・洗い流した30分後の肌の水分量を測定
  • 成分・・・洗浄成分など肌にやさしい成分が配合されているか、保湿成分や抗炎症成分の有無も評価対象

洗浄力テスト

洗浄力テストはメイク落ちの良さがわかります。

クレンジング選びに一番重視する項目ですね。

落としにくいリキッドファンデーションが使われる事が多く、洗浄力が高いクレンジングが評価が高くなります。

あさひ
あさひ

しっかりメイクさん向けのクレンジングが評価されます

薄いメイクの人が洗浄力が高評価のもの使うと乾燥や肌荒れを引き起こす可能性があるので

逆に評価がほどほどのものを選びましょう。

保湿力テスト

保湿力テストは肌の潤いを保てるクレンジングがわかります。

肌が乾燥しやすい人や敏感肌の人は特に注目したい項目です。

成分テスト

洗浄成分である界面活性剤と油分の組み合わせでみて肌にやさしいものが高く評価されます。

あと保湿成分などの美容成分が入っていると加点されますが、

洗い流すクレンジングでは効果があったとしても微々たるものなのであまり重視する必要はありませんね。

またエタノールなど肌が刺激になりやすい成分が入っていると減点されてしまいます。

LDKおすすめプチプラクレンジング【2024年最新】

毛穴レス本気ジャッジ100

LDKビューティー2024年5月号の毛穴特集で毛穴向けのクレンジングをテスト。

ベストバイはありませんでしたがA評価の2製品を紹介。

ONE STONE TWO BIRDS オイルクレンジングバーム ブラック

昨年の毛穴クレンジングテストでベストバイに選ばれたワンストーンツーバードが

今回のテストでもA評価でした。

炭や酵素、クレイなど毛穴汚れを一掃できそうな成分が配合された

オイルインのクレンジングバームです。

毛穴向けですが洗浄力が強すぎる事もなく毛穴汚れをオフ出来ます。

ねっとりとしたバームですが意外とするんと洗い流す事が可能。

洗い上がりはヌルつきが残りますがその分肌はしっとり。

&be クレンジングオイル

乾燥感がないと好評だったのは&beのクレンジングオイル。

洗浄力テストではファンデが少し残ったもののほぼキレイに落とす事が出来ていました。

肌なじみがいいトウモロコシ胚芽油をベースで配合されていて、

さらっとしたテクスチャーのオイルはメイクとのなじみが早くするんと落とせます。

保湿型ヒアルロン酸も入っていて成分テストで満点でした。

クレンジングABC判定57

LDKビューティー2024年4月号の特別企画で新作・人気クレンジング57製品をテスト。

テクスチャー別で紹介していました。

今回A評価された2,000円以内のプチプラクレンジングの数が多いので

コスメコンシェルジュの私が独断でピックアップしました。

ちなみにベストバイに選ばれたクレンジングはこちら。

ONE STONE TWO BIRDS スキンケアオイルクレンジング

3種のセラミドやヒアルロン酸などの保湿成分や水を含めて98%が美容成分というクレジングオイル。

モイスト・VCともに見事A評価でした。

毛穴ケア向けのVCは3月号の毛穴ケアクレンジングでも高評価でしたね。

程よいとろみがメイク汚れをしっかり落とす事が出来て

洗浄力と成分テストでかなり高評価されています。

洗浄力は潤い重視のモイストの方がVCよりやや高めの結果でした。

メイクなじみも良いです。

アテニア スキンクリアクレンズオイル

ずっと人気で愛され続けるアテニアのクレンジングオイルは

2023年11月にリニューアルしてメイクを落とすだけじゃなく

角質を柔らかく整えるケアにも着目。

洗浄力テストは満点ではありませんでしたがラメまで落とせると好評。

8種の植物オイルなどが配合されていて成分と使用感テストも満点に近い高評価。

つっぱり感も無く厚みのあるオイルで私も気に入っています。

\初めての人は公式サイトが一番お得!/

クリアプロ クレンジングバーム

ソフティモの高機能ライン「クリアプロ」から2製品がテスト検証されていて

乾燥肌向けであるCICAリッチモイストが見事ベストバイに選ばれました。

シカとパルチミン酸レチノール配合をウリにしていてハリやツヤのない肌をケア。

アルガンオイルだけでなくオリーブ油などの5種の植物油脂が肌をしっとり。

成分テストでも高評価でした。

アイメイクまでしっかり落とせる洗浄力は満点の成績。

なじませるとすぐにオイル化してメイクと一体化します。

実際のクレンジングの様子はYouTubeで確認出来ます。

モニターの年齢問わず洗い上がりの良さが好評。

大きなスパチュラもかなり使いやすい。

CICAホワイトはシカとホワイトクレイが皮脂を吸着し

古い角質をスッキリケア出来るくすみケア向きのクレンジングバーム。

洗浄力はややリッチモイストにやや劣るもののスッキリとした使用感はわずかに上回りました。

しかし成分テストがイマイチの結果でA評価どまりでした。

ワコーフメイド 酒粕クレンジングバーム

酒粕クレンジングバームは成分テストが満点で見事ベストバイに。

体温ですぐに溶けるバームがしっかりメイクもオフ出来ます。

のびがよくオイル化しても厚みがあり摩擦も気になりません。

酒粕らしく酵母エキスや米セラミドやコメヌカ油などが配合。

洗い上がりはモニター全員がうるおいを実感するほどしっとりもちもちです。

シュシュモア とろけるクレンジングオイルジェル

ジェルタイプのクレンジングでベストバイに選ばれたのはシュシュモア。

洗浄力はやや高めで濃厚なジェルが肌の上でオイルに変わりメイクがするっと落ちます。

乳化が早くすぐに洗い流れますがやや油膜が残り乾燥が気になりません。

レチノールやビタミンC誘導体、ナイアシンアミドなど美容成分が入っており成分テストは満点でした。

毛穴悩みにおすすめクレンジング

LDKビューティー2024年3月号では肌悩みを解消する神アイテムを特集。

毛穴ケアをウリにしているクレンジング13製品をテストしていました。

その中でA評価だった1,500円以下のプチプラクレンジングを2製品を紹介します。

なおベストバイはバニラコ クレンジングバームCE

ナンバーズイン 3番緑茶炭毛穴パッククレンジングバームでした。

ドットバスター クレンジングジェル

ドットバスター
¥1,320 (2024/03/08 13:54時点 | Amazon調べ)

4月号のクレンジングABC判定でもA評価だったドットバスター。

酵素成分のパパインやAHAのリンゴ酸、重曹配合で

洗浄力が高く毛穴汚れをスッキリ。

5種類のビタミンC誘導体や4種のセラミドなど入っています。

厚みのある硬めのジェルはモニターの好みが分かれる結果になりました。

ONE STONE TWO BIRDS スキンケアオイルクレンジングVC

満点ではないが全ての項目において高評価、4月号のテストでも納得の評価。

98%美容成分とウリにするだけあって

植物由来油やビタミンC誘導体、セラミド、アミノ酸などが配合。

洗浄力が高すぎないのでほどよく汚れを落とし乾燥しにくいかと。

とろみのあるオイルで柑橘系の香りも好評でした。

過去のベストバイ!プチプラクレンジングも紹介

2023年以前に雑誌LDKやLDKビューティーでベストバイに選ばれたプチプラクレンジングを紹介します。

こちらも大体2,000円までを目途にピックアップしています。

2023年 ベストバイ!プチプラクレンジング

2023年のベストバイに選ばれたプチクレンジングを紹介。

ちなみにプチプラではないもののベストコスメAwardを受賞したクレンジングは

クレンジングバーム部門でウプト クレンジングバームでした。

安達祐実さんプロデュースでバームなのにチューブに入ってる所が画期的!

保湿力の高さも好評でした。

あさひ
あさひ

2023年のベスコスはビオレとウプトの2製品!

ビオレ Theクレンズオイルメイク落とし

プチプラオイルクレンジングのテスト検証でベストバイに、

ベストコスメAward2023年のクレンジングオイル部門で見事受賞しました!

テスト検証ではダントツのクレンジング力を発揮。

クルクルとなじませなくてもメイクとなじんでリキッドファンデがすぐに落ちました。

成分はエステルとノニオンの組み合わせで肌に優しいとの事。

使用感も好評でスルッと落ちる感覚が新しく、洗い上がりはつっぱりません。

ただ洗い上がりのうるおいを重視したいならベストバイを2回獲得しているクレージュですね。

モッチスキン 吸着クレンジングBK

プチプラジェルクレンジングテストで洗浄力の高さと使用感の良さでベストバイに選ばれました。

オイルフリーのジェルがリキッドファンデもスッキリ。

炭パウダーとクレイ成分、酵素成分であるパパインの他に3種のセラミドやヒアルロン酸も配合されていますが成分テストは普通評価。

ジェルはスルスルとなめらかにのびて使用感も好評。

ビーカーズ ホットクレンジングジェル

アマゾン限定ブランドでニキビ肌向けのクレンジングが

クレンジング判定ABCでベストバイに選ばれました。

ねっとりとしたジェルがなじませると温かいオイルに変化するという新感覚のビーカーズはアイメイクにもなじませやすいのが特徴。

完全とはいきませんがファンデはほぼ落ちる洗浄力です。

アクネ菌増殖抑制作用が期待出来るグリチルレチン酸ステアリル o-シメン-5-オールや3種のセラミドなどが配合されています。

フルーティーな香りもモニターから好評でした。

W洗顔不要な上、男女兼用なので家族と共有しやすいですね。

クレメ クレンジングクリーム

クリームクレンジングでベストバイに選ばれたのがクレメのクレンジングクリーム。

そうごう薬局 e-shop
¥1,372 (2023/03/10 15:11時点 | 楽天市場調べ)

オイル成分と水分が重なり合う特殊構造で作られたクレメはクレンジングクリームながら洗浄力がトップレベル。

W洗顔も不要で洗い上がりもべたつきがなく肌が艶めくとモニターが大絶賛でした。

3種のセラミドと15種のアミノ酸やヒアルロン酸も配合されて3項目とも高評価!

CLAYGE クレンジングオイル

毛穴クレンジング・ABC判定で2回ベストバイに選ばれています。

しかしプチプラクレンジングテストでビオレにベストバイを許してしまったからか

ベスコスに選ばれませんでした。

洗浄力はビオレに1歩及びませんでしたが、成分と使用感テストはビオレ越えの高評価。

クレイ成分とミネラルオイル、アルガンオイル、ホホバオイルでメイクや汚れを優しく浮かせて落とします。

ビタミンC誘導体やレチノール、ビタミンEだけでなくシカ成分や3種のセラミドも配合。

肌のやさしさをウリにしている通り2月号の毛穴クレンジングでは保湿力の高さも評価されていました。

ロゼット 夢みるバーム ガスールブライトモイスチャー

クレンジングバーム頂上決戦!とクレンジングABC判定で2回ベストバイに選ばれました。

モロッコ溶岩クレイ成分やタンパク質を分解する酵素成分プロアテーゼが配合。

伸びが良く毛穴に詰まったメイクも残さずオフ出来る洗浄力の高さは流石。

3種類のセラミドが入っており保湿力もあるのでつっぱりがなくて嬉しいとの声もあり。

しかしW洗顔は必要です。

蓋の内側に収納できるスパチュラはたまに落ちる事も。

アンレーベルラボ Vクレンジングバーム

アンレーベルラボもクレンジングバーム頂上決戦!とクレンジングABC判定で2回ベストバイに。

あっという間に溶け出すバームがすぐにメイクになじみこちらも洗浄力は文句なし!

油脂とノニオンの刺激が少ない組み合わせで配合されていてW洗顔不要なのも魅力。

バズったビタミンC美容液・ラボVエッセンスと同じビタミンC誘導体も入っています。

スパチュラははめるひと手間がある分、落ちずに収納可能。

オルビス クリアフルディープクレンジングリキッド

CLEARFUL(クリアフル)
¥1,650 (2023/03/10 16:12時点 | Amazon調べ)

クレンジング判定ABCでベストバイに選ばれました。

油分でないリキッドなのに洗浄力はラメまで落ちる優秀さ。

とろみがあり垂れにくいので摩擦の心配もなく優しく落とす事が出来ます。

肌がキュッとするほど超さっぱりなのでオイリー肌向けですね。

2022年 ベストバイ!プチプラクレンジング

カルテHD モイスチュアクレンジングオイルジェル

2022年のクレンジングテスト検証で登場するたびにベストバイに選ばれて昨年のベスコスになりました。

肌あれを抑える有効成分グリチルリチン酸ジカリウムが配合された低刺激処方のジェルクレンジング。

たっぷりとオイルが入ったジェルをメイクと軽くなじませるだけでキメの奥まですっきり落します。

ジェルがクッションのように厚みがあるので直接肌に触れにくく摩擦レスなのもポイント。

うるおいバリアを守るという洗浄成分が配合されているからか洗い上がりはしっとりしています。

ファンケル マイルドクレンジングオイル

リニューアルしたファンケルのマイクレが泡洗顔料と共に見事ベスコスを受賞。

とろみのあるオイルがメイクに素早くなじみ一瞬で落ちたと評価を受けるほどスッキリと落とす事が出来ます。

キメの奥までピカピカになるような洗い上がりのクリア感が感動とモニターからも好評。

保湿感はまずまずなのでオイリー肌から普通肌向きのクレンジングと言えそう。

2021年 ベストバイ!プチプラクレンジング

matsukiyo クレンジングバーム

LDKビューティーでも2022年1月号のベストコスメAward2021に選ばれたほか、2022年のクレンジング特集でもベストバイに選ばれています。

マツモトキヨシ楽天市場店
¥1,848 (2021/12/25 14:40時点 | 楽天市場調べ)

コメ発酵液や酒粕エキス、セラミドも3種類配合され洗浄力・成分ともに高評価!

軽くなじませるだけでバームがオイルに変わり汚れをしっかり落とす事が出来ます。

保湿力もあるので潤いもキープ出来ます。

2022年前半まではよく登場していて殿堂間近かと思われましたが、

バームは数多いため埋もれてしまっています。

ラメランス クレンジングジェル

2022年1月号のベストコスメAward2021の洗顔部門でベストジェルクレンジングを受賞。

ラメランス
¥824 (2021/12/25 11:38時点 | Amazon調べ)

一般的にジェルタイプのクレンジングは洗浄力が高くないものが多い中、

ラメランスはみずみずしいジェルでこすらなくてもファンデがするっと落ちます。

高い洗浄力を持ちながら洗浄成分は刺激が低い上セラミドの保湿成分が配合。

保湿力も高くしっとり。

リニューアル前の2019年にも好評だったジェルクレンジングです。

ロゼット 夢みるバーム 海泥スムースモイスチャー

大人の毛穴ケアとしてクレイ成分や酵素も配合されたクレンジングバーム。

LDKのムック本『TESTtheBEST2022』ベストクレンジングにも選ばれています。

3種のセラミドが配合されていて潤いキープ力は今回のテストでダントツトップ!

エステル系のオイルがメイクをスッキリ落とす上、

成分も保湿成分のセラミドが3種も配合と高評価で1位に輝きました。

2022年の特集クレンジングABC判定53では惜しくもベストバイにはなりませんでしたがA評価と高評価。

同シリーズの白泥や赤泥もA評価ですが保湿力が海泥よりも低いです。

2020年 ベストバイ!プチプラクレンジング

ink. クレンジングバーム

LDKビューティーのコスメ・オブ・ザ・イヤー2020のベストクレンジングに選ばれました。

バームタイプのクレンジング剤がすぐ溶けて、キメの奥に入り込んだファンデまでしっかりオフ。

クレンジング力、保湿力、成分全て満点の高評価!

プロが買って帰ると宣言するほどの高評価で神バームとべた褒めしていました。

2019年 ベストバイ!プチプラクレンジング

ソフティモ ラチェスカ ミルククレンジング

2019年のクレンジング特集でミルククレンジングで唯一トップテンにランクインしていたのが

ラチェスカのミルククレンジング。

ソフティモ
¥873 (2022/01/13 13:01時点 | Amazon調べ)

ミルククレンジングで高評価される事はほとんどないので特別に載せています。

刺激の少ないエステルオイルが主な洗浄成分で使われていて、

洗浄力はそこまで高くはありません。

しかし保湿力があり成分で高評価なので濃いメイクでないならおすすめ。

レビュー記事はこちら≫ラチェスカ ミルククレンジングはメイクが落ちない?口コミが本当か検証してみた

LDKベストバイ!おすすめプチプラクレンジングのまとめ

今回は雑誌LDKやLDKビューティーのベストバイを獲得したおすすめプチプラクレンジングを紹介しました。

数々のテスト検証を見てベストクレンジングを選ぶとするなら

あさひ
あさひ

どれも洗浄力が高いので濃いメイクさん向けのクレンジングだよ!

最近はマスクをするので薄づきメイクの人も増えているから軽いメイク向けのクレンジングテストもやってほしいです。

◎関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました